おはなしコマーシャル

おはなしにコマーシャルをくっつけたら、もっと素敵になりました

コーヒー

 お、やっと来たなー。10分の遅刻だぞ。さ、入って入って。話は中で聞くよ。

 笑いながら彼女はそう言って私を部屋へ招いてくれた。彼女の家に来るのは初めてで若干の緊張。一瞬の躊躇いを振り切り、先ほどより体感的に重くなった足をを進めていく。

 そこらへんで座って待っててねー。飲み物は……コーヒーでも良い?実は分量間違えちゃって作り過ぎたんだよね……。

 しっかり頷いて答える。むしろ好きなほうだから問題ない。ブラックは苦手だけど。

 ありがとー!助かるよ!今持ってくるから待ってて。

 彼女はそのままキッチンの傍にある機械の中からポッドを取り出して中の暖かそうな黒い液体をコップに注いでいく。コーヒーメイカーだろうか、彼女が持ってるとは意外な一面な気がする。

 そんなにじっと見てこれ珍しい?最近ハマって勢いで買っちゃったんだよねー。はい、はいどうぞ。スティックシュガーとクリープしか無いけどそこは頑張ってくれ!

 ありがとう、と返してどちらも一つずつ入れていく。そして一口。新鮮な苦みとほのかな甘みが心地良い。

 ――さて、そろそろ借りてきた映画を消化していきましょ。今日は祭りだよ~!

 力強く頷く。今日はまだ始まったばかりだ。

 

「ZOJIRUSHI コーヒーメイカー 珈琲通/EC-TC40」

 始まりに、休憩に、終わりに。きっとどこかで欲しくなる。

 

ワイヤレスイヤホン

 朝、待ち合わせのため準備開始。家を出るときはこの「Ecandy ブルートゥース4.1スポーツイヤホン 防汗磁気ワイヤレスイヤホン マイク内蔵 ハンズフリー 通話 CSR 8645 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 防汗」を耳に装着しBluetoothを接続、スマホ内の音楽を再生しながらの移動。

 好きなバンドの音楽を聴いて時間を過ごせるのはやはり、イイ。

 道中、友達からの電話が来る。ワイヤレスイヤホンの操作パネルからそのまま通話開始。もちろん、スマホはポケットの中だ。……どうやら待ち合わせに少し遅れるらしい。

 そして、いくつかの電車を乗り継いで待ち合わせ場所に到着。見渡しの良い場所で再び音楽を聴きながら待つ。ついでにスマホで軽くネットサーフィンも。

 ようやく奴が来た。ワイヤレスイヤホンは耳から外して両端を内蔵のマグネットでくっ付ける。これで簡易ネックレスみたいなものだ。これはこれで便利な機能である。

 既に30分は過ぎている。これは何か奢ってもらわないとなぁ。さぁ、遊びに行こう。

 

束ねもしない、仕舞うことも必要ない。そういう時代だ。

終・雨の日

 雨であっても外へ出なければならない時がある。そう、会社の出勤……!

 雨降り程度じゃ出勤日は変わらない!それが社会の掟!選べるのはその日のご飯のみ!……いや、さすがに他にもあると思う。

 持ち運びや利便性の面から一般的な傘やレインコートだけでカバーし切れるのは上半身から膝までの事が多い。それらから垂れてきた水滴が足にかかり、そこから浸水なんてことはよくあることだ。ストッキング系はともかく、靴なんて予備は持ち歩かないから濡れたら一日中気分最悪である。間違いない。ていうかそうだった。

 そしてそんな気分にもう二度とならないために用意したのがこの「persi wood光ネットジャパン レディース シューズカバー ハイヒール用 防水 軽量 滑り止め 携帯 レインブーツ 防水 靴カバー レインカバー 通勤 レインシューズ雨用」である。商品名がちょっと長いが要はハイヒール用レインカバーだ。

 これなら足元を気にせずに雨の中を通勤することが出来る。着脱は簡単なので、会社の近くに着いたらその場で外せる。手洗いも出来て小さく折りたためるので保管場所にも困らない中々の優れもの。雨の日の煩わしさはこれでグッと減ったと感じている。

 さぁ、家を出る時間だ。外は雨だが私はもう憂うことはない。

 

 使いやすく、生きやすく。

 

 

 

夏の名案

 僕は気付いてしまった。日本の暑い夏を如何に過ごすかを……!それは、アイスだ。氷菓と言っても良い。冷たく、甘いそれらはとても美味しく、その時間は至福の時であることは間違いないと思う。

 しかし、市販の商品だと毎日買っては出費が激しい……。なので、家で簡単に作れるものが良いだろう。その条件を満たすのは、かき氷だ。シロップさえあればあとは氷だけで良いし、味付けも簡単に変えられる。量だって氷を貯めておけば大量に作れる。シロップで見た目も変えられることから実にリーズナブルかつファッショナブル。

 こうしてはいられない。さっそく、準備しなければ。僕のアツく冷たい夏が待っている。

 

ドウシシャ 電動本格ふわふわ 氷かき器 KCSP-1851」

 冷たく、甘く、そして綺麗。そんな時間を。

休日 朝のひととき

 今日は何をしようか。時間はまだ朝と言える。いつもより遅く起きたけれども午後にはどこか出かけたいなぁ。

 朝ごはんを終えて戻ってきた私はリビングの中央に位置する我が家の御猫様型クッションにゆったりと身を埋める。これは「ドウシシャ にゃもち 第五弾 クッション」というシリーズモノの一つだ。ちなみにこのにゃもちの名前はまんごー。色も然りだ。

 こいつは程よい抜けた見た目も可愛いのだが、他のクッションと比べてよく伸びる。伸びるのだ。横に。びょーんと。仕事の日はこののびのびする機能を生かして抱き枕として精神的な疲れを癒してくれる。だが今日は休み、クッションとして本来の使い方をしていこうと思う。

 まんごーの上でスマホを取り出してSNSを確認。何かあるかなー。……お、気になってた漫画の発売日じゃん。とりあえず、午前はこれ買いに行きますか。

 予定が決まればサッと着替えて、軽くメイクを済ませて家を出る。

 ちょっと横に伸びたまんごーを簡単に整えてから。

 行ってくるよ。

 

ドウシシャ にゃもち まんごー 第五弾 クッション」

 多機能であれ。もちろん、かわいさもそのうちの一つだ。

休日

 強い日差しを感じて目を覚ます。その日差しが朝であり快晴であることも同時に伝えてくる。うん、今日も良い天気。

 時間はまだいつも起きてる時間よりもかなり遅いほう。けど今日は休みだからこれでいい。いつもは仕事であたふたしてるからこそ、このゆったりとした時間を忘れずにいたいものだ。

 だんだん思考がハッキリしていくと共に身体が脳に空腹であることを伝えてくる。なにか作らなくては。特に着替えもせずキッチンまで足を進め冷蔵庫としばしにらみ合い。うん、決めた。今日はホットサンドにしよ。そこから卵、スライスチーズ、薄切りハムを取り出してあとはレタスも。それぞれ割って混ぜて焼いて切って挟んでおく。

 あとはこれを「イタリア商事 ホットサンドメーカー ニュー・バウルー シングル BW01」で焼くだけだ。

 あとはそばに牛乳を。やはりパンにはこれだろう。あとは冷めてしまう前に食べてしまおう。

 今日は、何をしようかかな。

 

「イタリア商事 ホットサンドメーカー ニュー・バウルー シングル BW01」

 美味しさに、暖かさを添えよう。

 

 

夏のお供

 暑い。すごく暑い。夏だ。夏の季節がやってきた。高温多湿の日本の夏はちょっと外を出歩くだけでじっとりと汗をかき始める。日陰ならば幾分マシだが、それでも5分も居ればだらだらと流れ始める。

 とか考えながら私は冷房の効いたリビングで現在の外をシミュレーションをしてる。外に出ればどんな目に合うかを想像することでこの場の価値を再確認しているのだ。ああ、なんと素晴らしいことか。そんな素晴らしいこの部屋に更なる価値を追求する……ん、ない?……アイスが、ない。

 暑い、めっさ暑い……地獄だ。さっきまで私は天国にいるかのような気分だったはずなのに買い出しをしているのだ。いや、分かっている。アイスのためだ。どうしても今アイスが食べたかった。それだけのためにこの地獄のような暑さを耐え忍んでいるのだ。

 向かうは我が家から徒歩数分の距離であり、最寄りのコンビニのセブンイレブン。そこでアイスを買うのだ……。

 自動ドアをくぐればもうそこは熱に晒される外野ではなく涼やかな店内だ。充分涼んでから氷菓子コーナーへ足を向ける。

 最近はコーヒー系に場所を取られて品数は少ないが何か良いモノは……お、新しいのがあるじゃない。「フタバ食品 サクレ コーラ」か。うん、アイスじゃ無いけどこれにしよう。新しいモノは一度は食べないと勿体ない。

 そのままレジを通して帰り道。店から出た瞬間から来るこの熱気はほんとに嫌になる……。でも、あとひと踏ん張り。帰れば涼しい部屋でこの冷えた氷菓をいただくのだ。

 それが、この夏の数多い楽しみの一つだ。

 

フタバ食品 サクレ コーラ」

 2018/7/17より全国のセブンイレブンにて先行販売。

 夏の熱気と、涼しい部屋と。それと一つの氷菓